★書籍商品の購入に関するご注意

コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。


<内容>
近代以降の地政学的変動のなかで、絵画はいかなる役割を背負い、どのような運命に翻弄されてきたのか。浮世絵から極東モダニズム、植民地藝術、現代美術まで、「日本美術」「東洋美術」の揺れ動く輪郭を歴史的に見据えつつ、国境を跨ぐイメージと文化の相互作用を、その接触の臨界に立って考察する。
<収録曲>
  1. 第1部 内と外からみた日本美術(挿絵の想像力―西洋舶来の書籍情報と徳川日本の視覚文化の変貌
  2. 西洋の日本美術像と日本の自画像 ほか)
  3. 第2部 東洋美術の越境―インドの岡倉覚三(岡倉覚三と「インド美術」の覚醒―東洋美術史におけるその遺産と忘却
  4. 『東洋の理想』と二人の女性―ジョセフィン・マクラウドとシスター・ニヴェディタ ほか)
  5. 第3部 極東モダニズムと東洋回帰(『白樺』と同時代の世界的モダニズム
  6. 黒田重太郎と京都モダニズム ほか)
  7. 第4部 植民地朝鮮と「満洲国」をめぐる藝術(東洋美術のジレンマ―岡倉覚三・柳宗悦・魯迅
  8. 古蹟保存の植民地主義と植民地主義の文化遺産―朝鮮総督府の政策と淺川巧とのあいだ ほか)
  9. 第5部 文化政策と東西対話(ブエノス・アイレスの雪舟―島崎藤村の国際ペン・クラブ参加
  10. 小松清とヴェトナム―仏印進駐期日本の文化政策とその余波 ほか)
<商品詳細>
商品番号:NEOBK-1612410
メディア:本/雑誌
発売日:2014/01
JAN:9784815807498

買取り実績 稲賀繁美/著 / (単行本・ムック) 近代東アジア美術史の桎梏と命運[本/雑誌] 絵画の臨界-西洋美術

買取り実績 稲賀繁美/著 / (単行本・ムック) 近代東アジア美術史の桎梏と命運[本/雑誌] 絵画の臨界-西洋美術。

新セルベール整胃 CM動画公開中